2016年1月24日日曜日

保育所(学校)だから成長できること

昨日は恩納村の保育所の合同研修会でした。
恩納村へ巡回相談をはじめて3年目になります。


恩納村の保育所は所長さんの温かいサポート体制の中
ベテランの保育士からアイディアいっぱいの若い保育士さんまで
みんなで一緒に保育に取り組む連携があります。
地域の環境的に自然も多く
保育所なのに「ただいま」と言いたくなる
雰囲気の中、子ども達も伸び伸び生活していることをいつも感じます。


届けたい保育と子どもの成長

一人の男の子がいました。
男の子は言葉が少し苦手で、遊びの輪の入り方もわかりませんでした。
でも、友達が大好きでした。
そんな男の子はいつも三輪車に乗っていました。
先生が言いました「三輪車は保育所で一番人気の遊びなんだ。彼は三輪車に乗ることで友達を待っているんです」
三輪車に乗る男の子の周りには、いつも友達がいました。

ある時、男の子が手を洗っている間に三輪車がなくなりました。
男の子は泣いてその場に立っていることしかできませんでした。
先生が「どうしたの?」と聞くと
「僕の三輪車…」とだけしか言えませんでした。
先生は「みんなー。三輪車が無いって言ってるよ」
とだけ声をかけました。
子ども達が集まりましたが、三輪車はすぐに出てきませんでした。
男の子は言葉でその想いを伝えることができませんでした。
でもジリ、ジリと集まった子ども達に近づいていました。
彼は、近づくということで「僕の三輪車返して」と伝えていました。
先生は何もいいませんでした。でもその沈黙が彼の表現をみんなに伝える手助けとなりました。

その保育所の環境の中で育って1年後
彼は行動と言葉で、自分の力で友達と多くのことに参加できるようになりました。
そして、彼は誰よりも丁寧にお遊戯が踊れる男の子になっていました。
誰よりもきちっと支度ができる男の子でもありました。


この成長は、保育所という”社会”が
引き出した成長だと思います。
ここには多くの
《やりたいこと》と《期待されていること》があるのです。
「友達と遊びたい」「先生によくやったと言われたい」「友達にありがとうって言われたい」・・・その子のやりたいこと

「子ども達だけで解決できるようになってほしい」「自分の力で伝えられるようになってほしい」・・・先生の期待
「僕も三輪車使いたい」・・・友達の期待
*「貸して」と言って「ハイ、貸します」という子ども達は珍しい。少し躊躇したり、今は貸したくないと言ったり、先に使っていいけど必ず返してねと条件付きで貸してくれたり。こんな子ども達のありのままの交流は、互いへの期待です。待ってくれる?諦めてくれる?返してくれる?その期待の中でどう行動するか選択できる環境は、子ども達の育ちに重要です。

その《やりたい+期待》がたくさん詰まった保育所・学校という社会に参加できることの重要性を、”人ー作業ー環境”の関係を入れつつ伝えました。先生達が保育の専門家として安心して子供達と向き合っていただけることが私の役割でもあります。

研修では先生方とグループワークで「届けたい保育(目標)」をもう一度
明確にしてもらいました。



多様性あふれる子供達へ保育の叶え方
後半は実際、保育が上手く届かない子に対し悩んでいる先生方へ
届け方に工夫が必要な子供も含めた、集団(クラス)としての保育の届け方の話です。

[トイレに行く]
その活動には沢山の工程(行為)が含まれています。
また一つの工程には沢山の動作が含まれています。

トイレに行ける or 行けない(can or can't)
ではなく、〇〇はできているが、〇〇は難しい
と工程ごとに見ていくことでその子の苦手としていることが詳細にわかるだけでなく、上手くできていること(ストレングス)も見つけられます。

もしも「トイレに自分の力で行くことができる」という届けたい保育に対し、その子のトイレを見てみた場合…

「トイレでいつも立ったまま。先生が来るのを待っている。」と見えていた子も
   ↓
《できずに困っていること》
1.どのトイレを使っていいのかわからず個室に入れない
2.ズボンのゴムが掴めず下ろせない、上げられない
3.手を洗い忘れる
等…

《できていること》
1.友達がトイレに向かうとそれを見てトイレに行く
2.ズボンを脱ごうとして手をズボンに近づける(脱ぐことは知っている)
3.排便・排尿ができる
等…

こうして見てみると、
「使うトイレを決めてシール貼ってあげたら?」とか「ゴムを緩くしてズボンをどこでも引っ張れば脱げるようにしたら?」とか
手くできていないことを、できるようにする工夫が浮かびませんか?

次にできていることを見てみましょう。
彼はとってもトイレにチャレンジしていることが解ります。そう、「自分の力で行くことができる」という保育に対し、「自分の力で行こうという気持ちは育っている」事がわかります。



こんな風に見ていくと、叶えるための糸口が沢山有ることがわかります。
全部がダメではなく。その保育に叶ってきていることがある(段階的に実現して行けている)事がわかります。

大切なことは叶える糸口に先生が気づけることです。
保育所や学校は集団社会です。
「こう支援しましょう。」という方法の指導ではなく、
「こうやったら叶えられる!」「コレもいいんじゃない!」といろいろな方法を先生達が発見できることが重要なのです。クラスを育てるという役割の先生の、マンパワーや時間などできることの中で、できることを選べることが重要です。


最後にはできるための方法を先生達がたくさん見つけられるために
子ども達の中で何が起こっているのか
「どうしてトイレを選べないの?」
「どうしてゴムが探せないの?」
「どうしてロッカーに入るの?」
「どうして落ち着きなく走り回るの?」

などそれぞれのケーススタディを行いました。
おそらくこの情報は先生方が一番聞きたいと思っていることとは思いますが、最後にこの事を持ってきたことには意味がありました。

はじめに子の話をしたら
「そうか!だからできなかったのか!」とできない理由見つけが頭のなかで始まってしまうからです。
大切なことは
先生の届けたい保育・教育の実現のために
どうしてできないのか?どうしたらできるのか?を考えていけることです。
常に焦点を当てることは「届けたい保育・教育」であって欲しいのです。

それが子供の可能性あふれる成長に欠かせないからです。






最後までありがとうございました。
どんな子ども達にも先生の素敵な保育が届きますように…
そのお手伝いができればと思っています。

















2016年1月11日月曜日

兄弟喧嘩って止めるべきですか


明日は保育園での子育て勉強会
前回の質問に「兄弟喧嘩って止めるべきですか」と兄弟の育ちについて
質問があったため、今回のテーマは「兄弟喧嘩」です。


さて、兄弟喧嘩
うちには3人の男の子がいますから兄弟喧嘩は日常茶飯事です。
しかし、自分の小さいころを思い出しても兄弟喧嘩の9割は些細な事だったり、ちょっとした勘違いだったり、一時的な感情からだったり…
特に意味が無いもののようです。特に小さい頃は。


「兄弟喧嘩は止めるべき?」
と聞かれれば、大きな怪我がない限り特に止める必要もないのかもしれませんね。

しかし、兄弟喧嘩は子ども達の現状を知る絶好のチャンスでもあります。
上の写真を見てください(ネットから取った写真ですが)。
おそらく前で泣いているのは弟でしょう。後ろのお兄ちゃん、泣きながらも弟の様子を見ていますね。自分が泣くことも忘れて。
弟の心配ができるほど、彼は『兄として弟を大切にする』事を大切にしていることが解ります。

喧嘩が始まったら、どっちが悪いとか親のスケールは外して、ちょっと観察してみてください。”家族という社会の中での兄・弟という役割の現状”を知ることができます。

「お互いを殴る時、相手にどれ位力加減ができているだろうか」
を観察するとわかること。

  • 相手の痛みがわかるか?
  • 適切な力加減を学べているのか?
  • 感情をコントロールできるか?


「兄は弟のわがままとどう向き合うのかな?」

  • 弟(年下の子)に対する我慢の閾値
  • 問題解決力


「弟は兄にどんなわがままをどこまで言うのかな?」

  • 兄への信頼度
  • 兄への尊重


こんなことを知れるいい機会です。
これは家庭の中でのそれぞれの役割(兄・弟)に対する子供自身が持っている道徳観、価値観です。

*****
子供がクラスや部活、学校、学童、子供会…様々なコミュニティーの中で、自分らしく活き活きと成長していくために重要な事は、そのコミュニティの中で、やりたいこと、する必要があることを【選択】できることと、【遂行】できることです。

家庭は小さなコミュニティですが、父・母・兄・姉・妹・弟、それぞれの役割ごとに
やりたいことやする必要があることが存在します。いわば、コミュニティ参加の学びと練習の場ですから、子ども達がそれぞれの役割をどのように学び(認識・道徳観・価値観)、どのようなことを選択し遂行するのかはとても重要です。
*****



ちなみに、観察していることは子供にバレないことがおすすめです。
子ども達は兄弟でのやり取りを一通り終えると、大抵「おかーさーん!お兄ちゃんが…」と言いに来ますから、その時に見ていたことがバレると”親の判断”を期待されます。
どっちが悪かったかを母親に委ねられるわけです。

せっかくなので「子ども達の現状を知る」だけでなく、選択の力も育てる機会にしてもいいですね。

一時的な感情から起こった喧嘩は、兄弟それぞれも「何が事の発端だったか」忘れていることもあるほど、結果にあまり意味はありません。
「おかーさーん」と来た時には、
なんだか腑に落ちない感情とどうしていいのかわからない案件だけが手元に残っていることが多いようです。
ですから、「どうしたの?」「どうしたいの?」「どう知ればいいと思うの?」
と問題の原因よりも、本人たちに今の状況から解決方法を選択する機会を作ってあげるといいですね。

先日、一つのボールを取り合ったウチの3兄弟も
「おかーさーん」ときた時には同じような状況でした。

どうしたの?
「お兄ちゃんがボール取りよった。(三男)」
「いいや、お前が取ったんだよ(二男)」
「・・・(長男)」
どうしたいの?
「ユウトボールで遊びたい(三男)」
「僕も!(長男・次男)」
いいね!遊べば。
「一つしかない(長男)」
そっか、じゃあどうする?
「みんなで一緒に遊ぶ(二男・長男)」
「ユウトのボール!(三男)」

→結果、三男がボール独り占め。長男・次男は意気投合して「じゃあいいよ」と別のボールでサッカーを始め…五分後「このボール使う?」と三男参加。「ありがとう」と三人で遊ぶ。



そして道徳観を育てたい!!と思うときは
「どうして弟に譲らなかったの!!」と問題行動を指摘するよりも
「ダイト(長男)さっき弟に叩かれてたのに我慢してたね。年下の子だから我慢したのかな?すごいね」
と子供がその場面に、期待している行動・適切な行動あるいはできていることに着目し、その行動に対して具体的なフィードバックをしてあげることがお勧めです。
これはPositive Behavior Support(PBS:ポジティブな行動支援)といって、適切な行動を増やして問題を解決する適応行動着目型の関わりです。

参画型マネジメントで生徒指導が変わる(著:石黒康夫 他)

子供は親が自分を見ていてくれていることも、どの行動に対しどのような価値をもって認めてくれたのかを知ることになります。
それは親と子の良好な関係を築きながら、役割としての価値観や道徳観を育てる機会となります。



〜子育てが楽しくなることを願って〜
最後までありがとうございました















2016年1月3日日曜日

竹馬に乗ろう!



明けましておめでとうございます
今年も「日々ゆいゆい」ブログよろしくお願いいたします



お正月ですので我が家では「竹馬に乗ろう!」とチャレンジしました。
竹馬は幼稚園の訪問でも乗れるようになってほしいという相談もあり
沖縄の学校では大切なことのようです。


竹馬は難しいので すぐにはできず
「もっと前に乗って」「しっかり握って」
と上手くいっていないところを周囲で声掛けしがちです。でもすぐできない…
できない、できない、できない、できない……
となりやすく、やっている子供も見ている側も疲れてしまいます。


やっている子供も 応援している親も

できた!できた!できたーーーー!
とワクワクするような練習をしたいものです。


「竹馬に乗れる」
そのためにはいくつかの行為がうまくいく必要があります。
 ①竹馬を握る
  (上手くいかない状況:竹馬をすぐに放してしまう/足場がクルクル回ってしまう)
 ②竹馬の足場に足を乗せる
  (真ん中に足が乗っていない/すぐに足場から足が外れる)
 ③足場の上でバランスをとる
 ④重心を前にのせる
  (後ろに倒れる・降りる)
 ⑤右手右足、左手左足を協調して動かす
  (右手と右足が一緒に動かずすぐに足が外れてしまう)

どれも似ているような感じなのですが、
それぞれの行為は実はとっても難しいです。
同時に行う中で達成を目指そうとするとなかなかうまくいきません。

その子がどの行為が上手く行かずにいるのかな?
と見てあげて、それぞれの行為ごとに練習することがおすすめです。
それぞれの行為は同時に行わなければそんなに難しいことではないので
できた、できた!できたーーーー!
と行為ごとの達成を楽しむことができます。


video

例えば、次男の場合は①握る、③バランスを取る、④重心を前にのせる、に苦戦しています。


video
従兄弟の彼は②足場に足をのせる、④重心を前にのせる、⑤右手右足、左手左足を協調して動かす、に苦戦中です。




さっそく次男と行為ごとに練習してみました。

①竹馬を握る
これはその子の握力の課題でもあるので、竹馬に工夫してその握力でも握りやすくしてみました。

竹馬の持ち手を細くする、タオルを巻く、ビニールテープを巻く
なんかもいいですね。
私たちは即席でゴム(でもこれはクルクル動くのでいまいちでしたが;笑)


③バランスを取る
④重心を前にのせる

両方一緒に練習してみました。

video

「乗ってポん!」
はじめは竹馬の足場に乗れても、後ろにしか乗せた方と反対の足が出せませんでしたが、すぐに前に出せるようになって「できた!」

③バランスを取る
向い合って竹馬がバランスを取れているところまで親がコントロールをサポートし
「バランスが取れている!」ということを身体で感じさせてあげることもオススメです。
”バランスを取る”ということは理解することではなく”感じ取る”ことなので
「バランス取って」と声掛けするよりも
一緒に感じさせてあげるほうがわかりやすいです。


それぞれの行為を達成できたら
さっそく乗ってみましょう。
とても乗りやすくなっていると思います。
それを感じられるのは、教えている側よりも子ども自身の方のようです。
「乗れそう!」
と感じてくれたのなら、それはお子さんが竹馬への見通しができたということ。
ここからは子供自身の好奇心で楽しく練習できます。

これは2日目の次男の竹馬。
2日間の総練習量は3時間ぐらいです。

video




今回の竹馬に乗ろう!方法はもっといろいろあると思います。
竹馬にかぎらず、サッカーもお手伝いも、着替えも、勉強も
その活動自体を、できる?できない?(好き?苦手?)
だけでなく「◯◯はできていないが」「◯◯はできている」
と細かい行為ごとに見てあげると
できること(好きになれること)が増えてくると思います。

そして、なにより応援する側が楽しめることですね。
スモールステップの明確な目標を子どもと共有することで
お互いに できた、できた、できた!
とワクワクして取り組めますね。
そんな親の顔を見るたびに子どもは笑顔いっぱいになれます。



長々と最後まで読んでいただきありがとうございました。
今年も皆様の笑顔いっぱいの生活をお祈りしております。